助成金ノウハウ情報

(開催終了)【オンラインセミナー】 「令和3年度の助成金申請・対応を考える!最新トレンドと成功事例、顧問契約・コンサルティングへの繋げる提案の工夫」

この度、来る4月20日(火)に、「令和3年度の助成金申請・対応を考える!最新トレンドと成功事例、顧問契約・コンサルティングへの繋げる提案の工夫」と題した共催セミナーを開催することになりました。「日本次世代企業普及機構(ホワイト財団)」様と助成金クラウドの共催となります。ここでしか聞くことのできないノウハウ、事例をご紹介いたします。Zoomを利用した無償のオンラインセミナーとなりますので、この機会に是非ご参加ください。

セミナー概要

開催日時  4月20日(火)16:00~17:15
※開始時間の約10分前になりましたら、URLにアクセス可能となります。
参加方法 オンラインセミナー(Zoom)の形式で実施いたします。お申し込みされた方には、前日に参加用URLをメールにてご案内します。
参加費用 無料
対象者 社会保険労務士、または社会保険労務士事務所にお勤めの方

 

セミナー内容

①令和3年度の助成金は顧問契約締結に貢献できるか?改廃のポイントとお薦めをピックアップ!他事務所様の動向もご紹介!
講師:株式会社ホロンシステム 執行役員  佐藤 洋之

令和3年度の助成金は、雇調金の段階的縮小、人気のキャリアアップ助成金の正社員化コースも要件が変更され、昨年度とは異なる観点で顧問先へ提案する必要性に迫られています。
今回のセミナーでは、その中でも顧問先が関心を持ちやすく提案しやすい助成金、複数回の受給が可能な、顧問先との関係性構築に貢献できる助成金などの切り口でピックアップしご紹介いたします。また、既に助成金申請に積極的に取り組んでいらっしゃる社労士事務所様の動向についてもご紹介いたします。

 

②助成金の提案から、顧問契約・コンサルティングの受託に繋げるノウハウを解説!
講師:日本次世代企業普及機構(ホワイト財団)事務局  森川 佳映 氏

雇調金の対応を通じて、助成金に関心を持つ経営者が増えています。申請代行の依頼が増えるのは嬉しい反面、「顧問契約に繋がる話は出来なかった」「申請代行だけで関係が途切れてしまった」といったケースも多く見られます。
大切なのは、対応の最初の段階から『顧問契約の締結を最終的なゴール』として、必要な手順を組んでいくことです。その具体的な手順と取り組み方について、実例を交えてお伝えします。

 

◆オンラインセミナー (Zoom) の参加方法
・本セミナーは、オンライン (Zoom) で実施いたします。あらかじめZoomアプリのインストールをした上での参加を推奨します。
・インターネット環境のパソコンもしくはスマートフォンが必要です。
・講義前日と当日に、ご登録メールアドレスに受講用URLをお送りいたします。
・開始時間の約10分前になりましたら、URLにアクセス可能となります。

 

お問い合わせ:
助成金クラウド運営事務局
03-3511-5570
info@joseikin-cloud.jp

ネット上で簡単に
申請書作成・承認依頼