申請書作成支援クラウド

助成金の申請書作成が圧倒的に楽になる
助成金の申請書作成が圧倒的に楽になる

助成金クラウドは、難しく手間のかかる助成金の申請書作成を、省労力で誤りなく行うことができる作成サポートソフトが中心となるクラウド型のサービスです。厚労省の雇用関連の助成金を中心に、様々な助成金、奨励金などの申請様式をクラウド上で作成し管理することができます。また、申請の進捗確認を容易にする支援機能も備えているので、助成金申請に関わる労力を大きく軽減することができます。


厚労省の各様式に完全対応。改廃対応もスピーディー

厚生労働省が配布している各種様式に完全対応。会社情報は登録したマスターデータを自動参照するので、以後入力の必要はありません。入力が必要な項目だけ色づけされた項目が設定されているので、最小の作業だけでスムーズに申請書作成を行うことができます。改廃による様式の変更にも速やかに対応していますので、発生しがちな様式間違いを未然に防ぐこともできます。また、助成金以外にも36協定届などの様式にも対応しています。

対応している助成金はこちら

計算や集計はもちろん完全自動。データ連携で手間を大幅削減

勤務時間や助成額の計算、集計も自動で行い挿入されるので、電卓片手に計算することなく、誤りなく数値の入力が可能になります。また、申請対象者の情報や勤怠情報などの各種データも簡単に取り込むことができるので、申請書作成にかかる労力を大幅に削減することができます。

データ取り込みにより申請書の一括作成が可能

データの取り込み機能を搭載しているので、100枚を超えるような大量の申請書作成も一括処理で行うことができます。

社労士のDX推進、業務効率向上を支援します

顧問先の助成金活用を支援される社労士の方、特定時期に集中する申請書作成の煩雑さにお困りではありませんか?助成金クラウドでは上記のような申請書作成サポート機能の他、社労士法人、事務所の皆様の労力軽減や課題解決を支援します。

以下の機能は各社労士プランのみの機能となります

顧問先、依頼元の企業別に申請書管理が可能

顧問先や関与先企業別に作成した申請様式をクラウド上で管理。企業情報をあらかじめ登録できるので、基本的な企業情報はすべて埋め込まれた状態で申請書作成を開始できます。もちろん、作成した申請書の複製や流用も簡単。過去に作成した申請書もクラウド上で管理できます。

作成した申請書を一覧表示し進捗管理も行えます

助成金クラウドで申請書を作成した助成金を、顧問先別に提出期限日などの期日を含め自動表示し、各業務完了後に消し込みの日付を入力したり、月毎に提出期限を迎える案件のみ表示し確認するといったご利用方法が可能です。作成済みの申請書を他企業様向けに流用することもできます。

申請書を作成するだけで提出期限が自動設定。さらに期限アラートメールも自動送信

申請書を作成し提出期限の起算日となる項目を入力すると、支給申請開始日や提出期限日が自動設定されます。その期限日(支給申請開始日、提出期限日の1ヶ月前、1週間前)には助成金クラウドから何も設定することなくアラートメールが自動送信されます。
申請した計画の進捗確認や支給申請前の状況確認など、忘れてしまいがちな顧問先への連絡や確認に活用いただけます。

自動で送信されるアラートメール例
・支給申請開始日
・提出期限1ヶ月前
・提出期限1週間前

導入事例

助成金クラウドを導入された社労士法人、事務所様の事例はこちらをご参照ください。